ここから本文です

スコット・スタップ加入のアート・オブ・アナーキー、新曲を発表

BARKS 10/17(月) 17:48配信

クリードのフロントマン、スコット・スタップが加入したアート・オブ・アナーキーが、新ラインナップによる初のシングル「The Madness」をリリースした。

◆「The Madness」画像

アート・オブ・アナーキーは故スコット・ウェイランド、元ガンズ・アンド・ローゼズのロン“バンブルフット”サール、ディスターブドのジョン・モイヤー、ジョン&ヴィンス・ヴォッタが結成。

2015年春にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリースしたが、ウェイランドはそのころからバンドと距離を置くようになり、メンバーは新しいヴォーカリストを探し始めていたという。スタップの加入が正式に発表されたのは2016年5月だったが、彼と最初にジャムしたのは2015年8月だったそうだ。

新しいスタートを切った彼らは、数週間NYで過ごし、新曲の制作をスタート。サールは「バンドとして全員一緒に曲を作った。1人1人のアイデンティティが聴けるようなものにしようと決めた」と『Billboard』誌に話している。

「The Madness」のミュージック・ビデオが金曜日(10月7日)、そのBillboard.comで独占公開された。

ニュー・アルバムのリリースは2017年を予定しており、10月27日NYで新ラインナップによる初ライヴを行なう。
x
Ako Suzuki

最終更新:10/17(月) 17:48

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]