ここから本文です

ブラジルの県人会も不安の色=36年ぶり熊本・阿蘇山の大噴火

ニッケイ新聞 10/11(火) 5:22配信

<ブラジル邦字紙「ニッケイ新聞」11日付け>

 【サンパウロ】ブラジル時間7日昼に噴火した熊本県の阿蘇山。36年ぶりという爆発的噴火に、当地の県人会関係者からも心配の声が上がった。

 不安に思った役員数人が週明けの10日午前、申し合わせたように自然と会館に集った。会として対応は検討中だが、熊本県文化交流協会の田呂丸哲次会長は、「個人的には近くに親戚もいる。心配している」と表情を曇らせた。

 母県との窓口を担当する赤木数成書記は「県庁との連絡はまだ」としたが、「来年4月の訪日団を募集し始めたところだった」と肩を落とす。熊本地震から1年が経過し、予定される慰霊祭への参加や、復興を直接応援しようという前向きな話題が出た矢先だった。

 震災以外に、九州には日本の今夏多くの台風も襲来した。相次ぐ天災に「どう同情したら良いのか…」と、ブラジルの熊本県移住者も頭を悩ませている。

最終更新:10/11(火) 5:34

ニッケイ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]