ここから本文です

<話題>TOPIXが6月安値から約13.2%の上昇、指数を上回る業種はその他製品や保険など

モーニングスター 10/11(火) 9:20配信

 TOPIX(東証株価指数)の堅調な展開が続いている。6日には取引時間中としては6月1日以来、約4カ月ぶりに1360ポイント台を付ける場面がみられた。週足チャート上では7日に、13週線と26週線がGC(ゴールデンクロス)を形成。両線がGCを形成するのは14年7月11日の週以来、2年3カ月ぶりのこと。週足でGCを形成したことで、先高への期待が高まりそうだ。

 TOPIXは、直近で安値を付けた6月24日(1192.80ポイント)から、7日の終値(1350.61ポイント)まで、約13.2%の上昇を演じている。33業種別での上昇率をみると、TOPIXの上昇率を上回っているのは16業種。その上位は、その他製品の35.4%を筆頭に、保険が25.3%、ゴムは24.7%、鉱業は21.0%、非鉄は19.9%と続いている。

 一方、TOPIXの上昇率を下回っているのは、17業種。そのうち空運は3.2%の下落、不動産は1.3%の下落で、6月4日の終値を割り込んでいる状況にある。次いで、上昇した業種でも農林水産が0.3%、陸運は2.8%、建設は4.5%にとどまっている。

 その他製品は、任天堂 <7974> の「ポケモン GO」の人気拡大を受け、7月19日に年初来高値2225.70ポイントを付ける場面がみられた後、調整入りした。足元では下げ幅の半値戻しを達成するなど、堅調な展開が続く。さえない動きが続く空運は、8月19日に年初来安値231.44ポイントまで下落。その後も安値圏での推移となっている。「13週線と26週線のGC形成だけでは、全体相場のトレンドが転換したと判断するには早い」(中堅証券)との声も聞かれるが、強い業種からトレンドに乗る銘柄を選択するのか、リバウンドを狙い出遅れ業種のなかから銘柄を選ぶのか、投資スタイルにより、判断したい。

 TOPIXの上昇率(13.5)を上回る業種(%)
 その他製品 35.4
 保険    25.3
 ゴム    24.7
 鉱業    21.0
 非鉄    19.9
 機械    19.2
 金属製品  18.4
 電機    18.3
 化学    16.9
 卸売    16.3

 TOPIXの上昇を下回る業種
 空運    -3.2
 不動産   -1.3
 農林水産   0.3
 陸運     2.8
 建設     4.5
 小売     4.6
 石油石炭   4.6
 食料品    4.7
 医薬品    5.1
 電気ガス   6.4

*6月24日から10月7日までの騰落率

(モーニングスター 10月 7日配信記事)

最終更新:10/11(火) 9:20

モーニングスター

チャート

任天堂7974
27045円、前日比-895円 - 12/2(金) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。