ここから本文です

ラニーニャ現象発生中 冬にかけても続く見通し

ウェザーマップ 2016/10/11(火) 14:36配信

 気象庁は11日、エルニーニョ監視速報を発表した。9月の観測によると、ラニーニャ現象が発生しているとみられる。冬にかけて、ラニーニャ現象が続く可能性が高い。
 
 9月のエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差は-0.3℃で、基準値に近い値だった。エルニーニョ予測モデルは、監視海域の海面水温が今後、冬にかけて基準値に近い値か基準値より低い値で推移し、ラニーニャ現象が続く可能性が高いとしている。
 
 なお、ラニーニャ現象が発生していた年の秋と冬の気温や降水量に明瞭な傾向はないが、冬の日照時間は、北日本の太平洋側で平年並みか多い傾向がある。

最終更新:2016/10/11(火) 14:36

ウェザーマップ