ここから本文です

ココリコ遠藤、約10キロ減量に成功「やり遂げた」【動画付き】

オリコン 10/11(火) 17:38配信

(C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造(45)が11日、都内で行われたパーソナルトレーニングジム「ライザップ」アフター新CM披露記者発表会に出席。ライザップに通い、肉体改造に挑んだ遠藤は減量を宣言した約2ヶ月前の69.2キロから現在は59.4キロまで落とし、9.8キロの減量に成功。体脂肪は20.2%から13.2%、ウエストは83センチから77.5センチまで減らし、「やり遂げたっていう気持ちでいます」と胸を張った。

 遠藤は約2ヶ月前に出演したCMで、お腹をゆらしながらギャグ「ほほほーい」のキレを取り戻したいと目標を掲げていたが、しぼった体で出演する新CMではキレのある動きを披露。報道陣からも変わった姿に驚きの声があがった。

 「体重を50キロ台にしたかった」という目標を達成した遠藤は、「東京に来て来年で25年目。21歳の上京した時が59キロ台だったので、原点回帰も含めてもう1回同じ体重に戻したかった」と歓喜した。

 減量前の自身パネルを見た遠藤は「嫌いやわ~こいつ」と苦笑し、「変わりましたね」と実感。「奥さんとか娘が(痩せて)褒めてくれたのがうれしかった」と笑顔を見せていたが、「『ほほほーい』ってこの体だから面白いって意見もあった。逆に筋肉つけて、子どもたちに今人気があるみたいなので、世界中に広めたい」と意気込んでいた。

 会見には芸能レポーターの井上公造氏(59)も登場し、「実は僕もライザップをやっていた」と告白。体重は75.5キロから68.5キロまで減量し、「捨てようかなと思っていたパンツが穿けるようになった。ウエストサイズでいうと30代まで戻している」と話していた。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:10/11(火) 17:38

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]