ここから本文です

鉄スクラップ、関東ジリ安局面続く 輸出軟調、電炉買値引下げ散発

日刊産業新聞 10/11(火) 12:23配信

 関東地区の鉄スクラップは下値を押し下げている。7日時点で地区電炉メーカー炉前価格(H2)はトン1万8500―1万9500円中心、高値トン2万円。輸出市況の先安観や、地区電炉メーカーによる消費頭打ちの環境からジリ安局面が続く。

最終更新:10/11(火) 12:23

日刊産業新聞