ここから本文です

ツォンガが復帰戦を勝利で飾る [上海/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 10/11(火) 13:19配信

 中国・上海で開催されている「上海ロレックス・マスターズ」(ATP1000/10月9~16日/賞金総額545万2985ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、第9シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)が全米オープン準決勝を途中棄権して以来の試合を戦い、フロリアン・マイヤー(ドイツ)を6-3 6-2で下して復帰戦を勝利で飾った。

 昨年この上海オープン決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れて準優勝だったツォンガはマイヤーに対して12本のサービスエースを奪い、握られたブレークポイントのすべてをしのいでみせた。

 ツォンガは全米オープンでのジョコビッチに対する試合で最初の2セットを落としたあと、膝の故障のため棄権して以来プレーしていなかった。

 そのほかの試合では、ドイツのライジングスター、アレクサンダー・ズベレフと兄ミーシャ・ズベレフの双方が、ストレート勝ちで2回戦に駒を進めた。世界21位のアレクサンダーはジョン・イズナー(アメリカ)を6-4 6-2で下し、一方、先月のシンセン・オープンで準々決勝進出を果たしたばかりのミーシャはワイルドカード(主催者推薦枠)のジャン・ザ(中国)を6-1 6-2で倒した。

 予選を勝ち上がったバセック・ポスピショル(カナダ)はイボ・カルロビッチ(クロアチア)を7-6(5) 6-4で倒し、今季9度目の(ツアー本戦での)勝利をつかんだ。彼は火曜日に1回戦を戦うグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)対リシャール・ガスケ(フランス)の勝者と、初の連勝を賭けて戦うことになる。

 そのほかこの日の勝者の中には、ステファン・ロベール(フランス)を7-6(2) 2-6 6-3で下した予選勝者のテイラー・フリッツ(アメリカ)もいる。また、カイル・エドマンド(イギリス)はフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)を6-3 5-7 6-4で倒すことで、先のデビスカップ準決勝「イギリス対アルゼンチン」戦で敗れた雪辱を多少なりとも果たした。

 第1シードで今大会は3度優勝しているジョコビッチは、火曜日にファビオ・フォニーニ(イタリア)と初戦の2回戦を戦う。ジョコビッチは全米オープンで準優勝して以来の試合だ。先週のチャイナ・オープンは過去6度も優勝していた大会だが、肘の故障のため出場を取り消していた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

杉田祐一が予選突破で今季3度目のマスターズ本戦へ [上海ロレックス・マスターズ]

Photo: SHANGHAI, CHINA - OCTOBER 10: Jo-Wilfried Tsonga of France waves to spectators after defeating Florian Mayer of Germany during the first round of ATP Shanghai Rolex Masters 2016 on Day 2 at Qi Zhong Tennis Centre on October 10, 2016 in Shanghai, China. (Photo by Kevin Lee/Getty Images)

最終更新:10/11(火) 13:19

THE TENNIS DAILY