ここから本文です

コロンビア大統領、紛争で爆破攻撃受けた教会のミサに参加

AFPBB News 10/11(火) 11:10配信

(c)AFPBB News

【10月11日 AFP】2016年のノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)を受賞するコロンビアのフアン・マヌエル・サントス(Juan Manuel Santos)大統領は、2002年に爆破攻撃を受けたボハヤ(Bojaya)の教会でミサに参加した。当時、教会には、左翼ゲリラ組織「コロンビア革命軍(FARC)」と自警武装組織の戦闘を逃れた住民が避難していたが、FARCの戦闘員らが爆発物を投げつけ、79人が死亡した。(c)AFPBB News

最終更新:10/13(木) 8:30

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]