ここから本文です

三菱自、EV・PHEVに特化した次世代店舗をオープン

オートックワン 10/11(火) 14:59配信

三菱自動車は、次世代店舗「電動 DRIVE STATION」を全国に順次展開する。その第1号店として、関東三菱自動車販売株式会社 世田谷店(東京都世田谷区)をリニューアルし、10月8日(土)にオープンした。

三菱 「電動 DRIVE STATION」の画像を見る

「電動DRIVE STATION」は、通常の店舗機能(新車販売・アフターサービス等)に加えて、電動車(EV・PHEV) の意義と価値を知ってもらうためのプレゼンテーションツールやデモンストレーションコーナーを備えた次世代型の店舗。

「電動 DRIVE STATION」には太陽光発電システムとV2H機器(電動車に蓄えた電気を家に供給する仕組み)を設置し、太陽光で発電した電力を電動車への充電に使用する。

店舗内では、日本のエネルギー問題に対して電動車が果たす役割と、災害時に電動車の外部給電機能がもたらす価値について、デジタルサイネージシステムやタブレット端末などで紹介する。

一般家庭のダイニングルームを模した「ライフスタイルコーナー」では、停電発生時のV2H機器による電力供給を実演する「停電デモンストレーション」や、電動車の100V AC電源(1500W)で家庭の電化製品を同時に複数使用できることを実演する「1500W 体感デモンストレーション」をおこなう。

さらに、エネルギー・環境をテーマにした小中学生向けワークショップや防災イベントの開催、防災への取り組みをはじめとする地域情報を自治体と連携して発信するなどの活動を通じ、地域社会への貢献を目指す。

三菱自動車は今後も国内市場を重視し、「店づくり」「人づくり」「仕組みづくり」に取り組むとともに、次世代店舗「電動 DRIVE STATION」の全国展開をすすめていくとしている。

最終更新:10/11(火) 14:59

オートックワン