ここから本文です

政務活動費の不正取得 中山高岡市議が辞職表明/富山

チューリップテレビ 10/11(火) 19:41配信

 偽造した領収証を使って、政務活動費を不正に受け取っていた中山欣一(なかやま・きんいち)高岡市議が、議員辞職することを正式に表明しました。
 一方、同じ会派の四十九清治(しじゅうく・きよはる)市議は、辞職を否定しました。

 「市民のみなさまの信頼を損ねることになった責任をとり、本日、市議会議長へ議員辞職願を届けることを決意しました」(市政高岡・中山欣一高岡市議)

 辞職を表明したのは、高岡市議会の民進党系会派『市政高岡』の中山欣一市議です。
 中山市議は、去年、九州方面の視察や東京での研修会参加の名目で、3回にわたって偽造した領収証を使い、およそ33万円の政務活動費を不正に受け取っていました。
 政務活動費の不正で、高岡市議が辞職するのは初めてとなります。
 一方、「出張費分を捻出してほしい」と指示していた、同じ会派の四十九市議は、「残りの任期をまっとうしたい」と述べ、辞職を否定しました。

チューリップテレビ

最終更新:10/11(火) 19:41

チューリップテレビ