ここから本文です

ベイルはマドリードでの“勝負“に勝った! 言語、サポーターの信頼獲得など問題をクリアしたと称賛

theWORLD(ザ・ワールド) 10/11(火) 13:40配信

スペインの生活にも適応

2013年にトッテナムからレアル・マドリードへ移籍したFWガレス・ベイルは、当初スペインでの生活に適応することに苦労していた。何より言語の問題があり、チームメイトと上手くコミュニケーションが取れていないと言われてきたのだ。加えて当初はパフォーマンスも移籍金に見合うほどのものではなく、サポーターから批判を浴びることもあった。

しかし、今ではその両方がクリアされている。最近のパフォーマンスはクリスティアーノ・ロナウドと大差ないと言われるほどになり、ベイルを批判するサポーターは明らかに減った。さらにスペイン『MARCA』は、ベイルがスペインの文化やスペイン語でのコミュニケーションも理解してきたと紹介し、ベイルがロッカールームでの問題を解決したと伝えている。

今ではチームメイトもベイルを信頼しており、チームのスーパースター・ロナウドとの関係も年々よくなっているように見える。高額な移籍金、常に1番でありたいロナウドの存在、慣れない言語とベイルには障害が多かったが、そのほとんどをクリアしたと言えるのではないか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/11(火) 13:40

theWORLD(ザ・ワールド)

なぜ今? 首相主導の働き方改革