ここから本文です

豪州もハリルの「弱点伝えた」発言に注目! さらに“FKのスペシャリスト“本田ら海外組も警戒

theWORLD(ザ・ワールド) 10/11(火) 15:41配信

対決迫る

日本代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチは、11日におこなわれるオーストラリア代表との試合前日の会見で、「どんなチームにも弱点があり、オーストラリアの弱点については選手に伝えてある」とコメントし、大一番へ向けて準備していることをアピールした。

この発言を豪『FourFourTwo』も取り上げており、ハリルホジッチはオーストラリアの弱点を理解しているようだと警戒している。

また、これまでと変わらず日本には欧州でプレイする自慢の陣容があるとも伝えており、ドルトムントの香川真司、レスター・シティの岡崎慎司、そしてミランでプレイする本田圭佑についてはフリーキックのスペシャリストだと個の能力も警戒しているようだ。

確かに所属クラブの名前を見ればオーストラリア以上に豪華なところもあり、アジアでもこれほどの陣容を揃えるチームは少ない。所属クラブで定位置を確保できていない選手が多いのは気にかかるが、他国から見ればやはり豪華に映るのかもしれない。

ハリルホジッチは会見でのコメント通りオーストラリアの弱点を巧みに突くことができるのか。そして本田ら海外で戦う主力選手たちは、注目されるにふさわしいプレイを披露できるのか。オーストラリア側も日本を警戒しているのは間違いないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/11(火) 15:41

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています