ここから本文です

松坂世代、ドラフト6球団競合…第1次で戦力外となった“元ドラ1”選手は?

Full-Count 10/11(火) 22:13配信

第1次戦力外では総勢85選手に通告、元ドラ1選手たちの成績を振り返る

 プロ野球は今月7日に2016年の第1次戦力外通告期間が終了し、12球団で合計85選手(巨人の自由契約6選手を含む)が戦力外となった。第2次通告期間はクライマックスシリーズ全日程終了の翌日から日本シリーズ終了の翌日までとなり、今年の12球団合同トライアウトは11月12日に甲子園球場で行われる。

各球団ここまで発表の2016年引退、戦力外、補強、移籍一覧

 いずれも将来を嘱望されてプロ入りした選手たちだが、中でもドラフト1位指名でプロの門を叩いた選手は周囲やファンからの期待も大きく、各球団を背負って立つ存在として入団当初から注目を浴びてきた。

 今年、第1次期間で戦力外を通告された元ドラ1選手とそのプロ通算成績を見てみたい。

 総勢85選手のうち、元ドラ1選手(自由獲得と希望入団を含む)は計16選手。そのうち、プロ球団在籍年数が最も長いのが久保裕也投手、長田秀一郎投手、新垣渚投手で14年だ。

 いずれも“松坂世代”の36歳。久保は巨人と契約した年に同じく木佐貫洋も自由獲得枠で入団しており、“ドラ1扱い”が実質2人いたシーズンだった。1年目から38試合に登板し、6勝をマーク。05年からはリリーフに転向。10年にはキャリア最多79試合に登板し、8勝1敗、32ホールド、1セーブ、防御率2.77。翌11年も67登板で4勝2敗、21ホールド、20セーブ、防御率1.17と活躍し、2年連続でオールスターゲームにも選ばれた。しかし昨季、巨人を戦力外となり、今年はDeNAで2年連続の戦力外となった。

 同じく今年DeNAを戦力外となった長田は02年のドラフト会議で自由獲得枠で西武に入団。1年目から46試合に登板し、10年にはキャリア最多56試合に登板、5勝3敗、17ホールド、防御率3.31をマークした。13年のシーズン途中に渡辺直人との交換トレードでDeNAへ。昨季は45登板で4勝1敗、10ホールド、防御率2.06の成績を収めたが、今季は6試合の登板にとどまっていた。

1/2ページ

最終更新:10/11(火) 22:30

Full-Count