ここから本文です

特産品など140品目に ふるさと納税返礼品 厚木市

カナロコ by 神奈川新聞 10/11(火) 10:17配信

 厚木市は14日から、ふるさと納税者に対する返礼品を拡充、クレジットカード決済を導入するなどして寄付額の大幅増加を目指す。

 市によると、2013年度に制度をスタートさせて以降、返礼品は認定した食品などの特産品16品目だった。今回のリニューアルで品目を140に増やし、グレードも上げる。市内企業の製品やあつぎ豚、米、地酒、宿泊券などを広く取りそろえた。

 背景には、返礼品を目当てにした寄付者が近年急増し、激化する都市間競争がある。市では寄付額より税額控除額が上回る状況に追い込まれ、自主財源の確保が急務となっていた。

 返礼品の拡充により、寄付受け入れ目標を本年度下半期で3千万円に設定した。前年度は年間で247万円だった。

 小林常良市長は「寄付額を増やすだけでなく、市内の特産品を全国にPRする狙いがある。他自治体でも同様の取り組みを始めており、目標が達成できるよう頑張りたい」と話している。

最終更新:10/11(火) 10:17

カナロコ by 神奈川新聞