ここから本文です

ハンギョレ、大学生信頼度・選好度1位の総合日刊紙に

ハンギョレ新聞 10/11(火) 12:14配信

韓国大学新聞が実施した2016年アンケート調査 総合日刊紙部門で16年連続の信頼度1位

 韓国大学新聞が実施した「2016大学生企業イメージ・商品選好度調査」で、ハンギョレが総合日刊紙部門最高の報道機関に選ばれた。

 ハンギョレは韓国大学新聞が今年全国の大学生1396人を対象に実施した世論調査で、総合日刊紙部門の信頼度(21.49%)と選好度(22.13%)で共に1位を占めた。ハンギョレは韓国大学新聞が調査を始めた2001年から16年連続で信頼度1位を、選好度は2008年から9年連続で1位を守っている。信頼度部門の2位は京郷新聞(17.7%)、3位は中央日報(12.5%)であり、選好度でも京郷新聞(17.1%)と中央日報(14.9%)がそれぞれ2、3位に上がった。この他に、KB国民銀行、サムスン電子、ポスコ、斗山(トゥサン)重工業、GSカルテックス、韓国観光公社、CJ、現代自動車などが企業イメージ部門で就職選好度などの高い企業に選ばれた。

 今回の世論調査は今年8~9月オンライン(PC・モバイル)と電子メールで実施され、信頼水準95%に標本誤差は±2.7%ポイントだ。

チェ・ウォンヒョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:10/11(火) 12:14

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。