ここから本文です

【HOT BUZZ SONG】RADWIMPSが上位3位を独占、PSY「江南スタイル」はMVが急上昇

Billboard Japan 10/11(火) 11:25配信

 今週のホット・バズ・ソングは1位から3位をRADWIMPSが独占。「前前前世」は6週連続の首位を獲得した。Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、YouTube、GYAO!のみを集計し、ネットで話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。それぞれのデータを見てみると、ダウンロード数については「前前前世」、「なんでもないや」、「スパークル」は3曲とも微減、「前前前世」の動画再生数は前週より微増という結果に。また、映画『君の名は。』でヒロイン宮水三葉の声を務める上白石萌音による「なんでもないや」のカバーがリリースされたことをきっかけに、RADWIMPSの「なんでもないや」のツイート数が3倍弱まで伸び、ツイート数で1位に。また、上白石萌音の「なんでもないや」もツイート数3位、ダウンロード31位でホット・バズ・ソング7位となった。

 その他、米津玄師「LOSER」はダウンロード4位、ツイート数9位でホット・バズ・ソング4位に。Happiness「Ordinary Girls」は、ツイート数2位、動画再生回数7位でホット・バズ・ソング6位に。また、2012年に世界的ヒットをもたらしたPSY「江南スタイル」の動画再生回数が5倍以上に伸び動画再生回数順で2位、ホット・バズ・ソング順でも9位に再浮上。ピコ太郎の「PPAP」が、第二の「江南スタイル」と呼ばれていることから、再び話題になったようだ。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2016年10月10日付)
1位「前前前世」RADWIMPS
2位「なんでもないや」RADWIMPS
3位「スパークル」RADWIMPS
4位「LOSER」米津玄師
5位「My Boo」清水翔太
6位「Ordinary Girls」Happiness
7位「なんでもないや」上白石萌音
8位「涙のない世界」AAA
9位「江南スタイル」PSY
10位「道」宇多田ヒカル

最終更新:10/11(火) 11:25

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]