ここから本文です

ルノーが2017年F1ドライバーの一人としてニコ・ヒュルケンベルグと契約の用意

オートスポーツweb 10/11(火) 21:17配信

 ルノーとニコ・ヒュルケンベルグの双方が、次戦アメリカGPより前に、3年目をオプションとする2年契約の締結を望んでいるようだ。 

ドライバー決定遅れるルノー。マグヌッセン「金より才能で選んで」

 しかし、現時点でヒュルケンベルグはフォース・インディアと来シーズンの契約を結んでいる。免責条項はあると思われるが、当事者間で支障になるであろう詳細部分の解釈が進められている。

 ヒュルケンベルグはフォース・インディアからの移籍を強く望んでおり、いっぽうのルノーはチームをリードする経験豊富なドライバーとの契約を目論んでいる。

 チームメイトのセルジオ・ペレスはルノーと契約に向けて進んでいたが、その過程で困難に直面し、シルバーストーンを本拠に持つフォース・インディアに残るというオプションを選んだ。

 ルノーはまた、トロロッソのカルロス・サインツJr.にもアプローチしたが、彼を必要とするレッドブルの意向ですげなく断られた。

 今年ワークスチームとして結果を残せていないルノーにおいて、ヒュルケンベルグの持つ経験は今後F1で前に進むために極めて重要な要素と考えられている。

 2010年にウイリアムズでデビューして以来、27歳のヒュルケンベルグはこれまで111回のレースに出場した。フォース・インディアには、2013年のザウバーを間に挟んで4年間在籍している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/11(火) 21:17

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]