ここから本文です

広島、日本シリーズ進出のカギは救援陣!

ベースボールキング 10/11(火) 11:15配信

リリーフ陣の防御率もリーグトップの今季

 圧倒的な強さで25年ぶりにセ・リーグを制した広島。10月12日から始まるクライマックスシリーズ・ファイナルステージで勝ち上がってきたDeNAと日本シリーズ進出を懸けて戦うわけだが、キーポイントはどこにあるだろうか。

 チーム打率.272、684得点はともに12球団トップ。田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の上位打線に、ベテラン新井貴浩や今季大ブレークした鈴木誠也と攻撃力は屈指だ。強力打線に隠れがちだが、チーム防御率3.20もリーグトップで安定して力を発揮した。リリーフ陣の防御率もリーグトップの3.04とリーグ優勝の要因となったが、クライマックスシリーズでもリリーフ陣の出来が重要になりそうだ。

 昨季までは勝ちパターンの継投をなかなか確立できなかったが、今季は4月下旬からブレイディン・へーゲンズ、ジェイ・ジャクソンからクローザーの中崎翔太につなぐパターンでチームに安定感をもたらした。

 ようやく勝ちパターンの継投ができたかと思われたが、8月に先発の駒不足からヘーゲンズがリリーフから先発に回った。それまでへーゲンズ、ジャクソン、中崎の3人が揃って登板した試合の勝敗は20勝3敗、勝率9割近くを残していただけにヘーゲンズの先発転向はひとつの賭けだったはずだ。

 ヘーゲンズに代わって勝ちパターンの一角を担ったのが今村猛。今季チーム最多タイの67試合に登板し3勝4敗22ホールド、防御率2.44と近年の不振から脱した。ヘーゲンズが先発に転向して以降で、今村は20試合に登板し11ホールド2セーブ。20イニング投げて自責点はわずかに3点。そのなかで、マツダスタジアムでは8試合8イニング投げて相手に1点も許さなかった。

一岡や大瀬良も終盤戦で大きくチームに貢献した

 今村以外にも、ケガや不調で出遅れた一岡竜司はヘーゲンズが先発に転向して以降、13試合に登板し11回1/3を投げ、1勝4ホールド、自責点はたったの1。ケガで出遅れた大瀬良大地もヘーゲンズが先発に転向して以降、16試合に登板し18回2/3を投げ、3勝1敗4ホールド、自責点は4で防御率1.93。16試合中、失点を与えたのは2試合しかなかった。

 ヘーゲンズが先発に転向した窮地を乗り越え、より強力なリリーフ陣となったところに今季の広島の強さが表れている。
 
 クライマックスシリーズに向けて、中崎が腰を痛めたという報道もあったが、先日の紅白戦で登板し最悪の事態は避けられそうだ。レギュラーシーズン終盤同様、ファイナルステージでも今村、ジャクソンから中崎につなぐのが基本的な形で、そのなかに一岡や大瀬良が入っていくことになるだろう。

 確かに盤石のリリーフ陣ではあるが、不安要素をあげるなら広島でクライマックスシリーズのファイナルステージを経験した選手はほとんどいないことだ。レギュラーシーズン最終戦から間隔が空いていることもあり、試合への入り方も重要となる。独特の緊張感のなかでプレーすることで、「少しでも早く投げたい」という投手もいるはずだ。第1戦や第2戦で得点差が広がった展開になっても、勝ちパターンで起用する投手をまず登板させ、雰囲気に慣れさせるのもひとつの手だろう。

 3位から勝ち上がってきたDeNAが、勢いに乗っているのは間違いない。リーグチャンピオンとして広島がどう迎え撃つか。12日から始まる今季セ・リーグ最後の決戦に注目だ。

※数字は2016年レギュラーシーズン終了時点

文=京都純典(みやこ・すみのり)

BASEBALL KING

最終更新:10/11(火) 11:15

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。