ここから本文です

肩落とすマエケン…ドジャースも崖っぷち

ベースボールキング 10/11(火) 11:00配信

● ドジャース 3 - 8 ナショナルズ ○
<現地時間10月10日 ドジャー・スタジアム>

 1勝1敗で迎えたナ・リーグ地区シリーズの第3戦。本拠地で先発したドジャースの前田健太であったが、3回に一気の4失点で試合を作れず。チームは敗れ、崖っぷちに追い詰められた。

 立ち上がり、安打と2つの四球で大ピンチを招くも、ジマーマンを空振り三振に斬って取り、なんとか無失点でスタートを切った前田。2回には三振を2つ奪って三者凡退と乗ってきたかに思われたが、3回に入ると上位打線に捕まる。

 1-0で迎えた3回。先頭のターナーに安打を許すと、つづくワースにはタイムリーツーベースを許して同点。マーフィーは外野フライに打ち取るも、主砲・ハーパーにタイムリーを浴びて逆転を許す。

 なおも一死三塁、踏ん張りどころを迎えた前田だったが、レンドンには痛恨の2ランを被弾。後続はなんとか斬ったものの、まさかの4失点で逆転を許した。

 直後の3回裏、打席が回るところで代打を送られ、前田のポストシーズン初戦は終了。3回を5安打、与四死が3、奪三振4つで4失点とほろ苦い結果に終わった。

 その後、チームはルイーズの2ランで3-4と1点差まで迫るも、9回にビハインドで登場した守護神・ジャンセンがいきなりワースに一発を浴びるなど大乱調。ジマーマンに2点タイムリーツーベースを浴びるなど、この回4失点で万事休す。3-8で敗れたドジャースはこれで追い込まれた。

 ダルビッシュのレンジャーズが敗れ、上原のレッドソックスも敗退が決定。日本人投手たちの所属チームが苦しい戦いを強いられている。

BASEBALL KING

最終更新:10/11(火) 11:00

ベースボールキング

なぜ今? 首相主導の働き方改革