ここから本文です

5時間超の死闘!ジャイアンツがサヨナラで敗退阻止

ベースボールキング 10/11(火) 15:50配信

○ ジャイアンツ 6 - 5 カブス ●
<現地時間10月10日 AT&Tパーク>

 ナ・リーグ地区シリーズ第3戦。連敗で後がなくなったジャイアンツが、ホームでどうにか踏みとどまった。

 ワイルドカードを勝ち上がったジャイアンツも、メジャー全体トップの103勝&勝率.640を記録したカブスを前に連敗。追い込まれた状況でサンフランシスコに戻ってきた。

 絶体絶命のチームはエースのバムガーナーにすべてを託す。一発勝負のワイルドカードゲームでは見事に完封勝利を挙げた左腕だったが、この日は序盤に不覚を取る。

 2回、二死ながら一、二塁とピンチを招くと、打席にはピッチャーのアリエッタ。1ボール後に空振り2つで2ストライクと追い込み、かんたんに決めに行った4球目、これをアリエッタがジャストミート。打球はライナーでレフトスタンドに突き刺さった。

 大一番で投手相手にまさかの3ラン被弾...。悔やんでも悔やみきれない一投により、絶体絶命の危機。それでも、ここからジャイアンツが執念を見せる。


 3回にポージーのタイムリーで1点を返すと、5回にはベルトの犠飛で1点差。その後は両チームがチャンスを作りながらも攻めあぐねる展開の中、8回に大きく試合が動いた。

 ジャイアンツは安打と四球で無死一、二塁のチャンスを作ると、ここでカブスは守護神のチャプマンをマウンドへ。続くペンスは高めの速球に空振り三振に倒れるも、一死からギラスピーが100マイルの速球を弾き返すと、打球は飛び込んだライトのグラブを越すタイムリースリーベース。二者が生還し、逆転に成功した。

 なおも動揺を隠せない最速守護神を攻め、クロフォードのタイムリーでもう1点。この回一気の3得点で5-3と試合をひっくり返してみせる。

 しかし、この試合はすんなりと終わらない。9回に登板したロモが先頭を四球で出すと、ブライアントに2ランを浴びて同点。両者譲らず、試合は延長戦へと突入した。


 延長戦に入ると互いにホームが遠く、10回からゼロ行進。時計のてっぺんも見えてきた中、ついに決着のときが訪れた。

 13回、先頭のクロフォードが二塁打でチャンスメイク。すると続くパニックの大飛球はフェンスに直撃。当たったのを見てからスタートを切ったクロフォードがホームを踏み、ジャイアンツがサヨナラ勝ちを収めた。

 試合時間は5時間と4分。まさに死闘を制したジャイアンツはシリーズ敗退を阻止し、通算1勝2敗。この勢いで崖っぷちからの逆襲となるか。あすもサンフランシスコで試合が行われる。

BASEBALL KING

最終更新:10/11(火) 15:57

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]