ここから本文です

U2、ライブ中にドナルド・トランプを問答形式で批判したパフォーマンスで何が語られたのか

RO69(アールオーロック) 10/11(火) 20:11配信

アメリカのサンフランシスコで開催されたソフトウェア・シンポジウム、「ドリームフォース」のイヴェントの一環としてライブを敢行したU2だが、このライブ中にボノがドナルド・トランプの映像との問いかけを行った映像が公開されて話題を呼んでいる。

「ドリームフォース」は10月4日から7日まで開催され、U2はこの会期中のどこかでライブを決行するということになっていて、シンポジウム参加の通し券を購入している入場客のみが観られるものになっていたが、実際にはザ・ビートルズやニルヴァーナなどがライブを行った会場として知られるカウ・パレスで5日にライブが行われた。

問題のトランプとボノの対話は“Bullet The Blue Sky”の演奏中に披露されたが次のようにトランプの演説映像のクリップとボノがやりとりするものになっていた。

トランプ「だから、ぼくは本当に金持ちなんだよ。ほかの誰もまるでわからないくらいに金持ちなんだから。十億ドルという金を何十億っていう単位で持ってるんだから」

ボノ「それでなにが言いたいの?」

トランプ「だから、ぼくは本当に金持ちなんだよ。ほかの誰もまるでわからないくらいに金持ちなんだから。十億ドルという金を何十億っていう単位で持ってるんだから」

ボノ「まあ、あんたは金持ちでよかったねって俺たちみんな思ってるよ。心から。ただ、俺たちが今夜真剣に訊きたいのは、この偉大なアメリカという国のためのあなたのヴィジョンを教えてもらえないかなということで」

トランプ「ぼくはとてつもない巨大な壁を作るから。南の国境沿いにね。それでメキシコに壁の建設費を払わせるんだ」

ボノ「壁? それってベルリンの壁みたいなやつ? 中国の万里の長城みたいなやつ?」

トランプ「ぼくはとてつもない巨大な壁を作るから。南の国境沿いにね。それでメキシコに壁の建設費を払わせるんだ」

ボノ「あのー、候補者さん、この壁とやらを作ったら困るのはメキシコ人だけじゃないってわかってるよね? アメリカという国の理想をかけがえなく思ってる人だったら誰でも、たとえば、アイルランド人、あるいはフランス人、あるいはブラジル人、アメリカという国の理想を知っている人なら誰でも、自由の女神像の足元に刻まれていたあの文言を信じている人なら誰もが困るんだよ。『あなたの国の疲弊した人々、貧しい人々をこちらに寄越してください/自由の空気を希求している若者たちの群れを寄越してください』という言葉を信じている誰もが困るんだよ」

トランプ「ぼくが勝ったら、こいつら全員追い返すから」

ボノ「全員? つまり、自分たちをも含めた移民全員を?」

トランプ「ぼくが勝ったら、こいつら全員追い返すから」

ボノ「候補者さん、あんたがアメリカの理想を踏みにじるっていうんだったら、善人のみんなは黙っちゃいないよ。わかるかい、候補者さん? よく聴けよ、候補者さん、『おまえはクビだ!』(トランプがかつて出演していたテレビ番組での決り文句)」

トランプ「昔はよかったよな。気に入らないやつはどんどん担架に乗せてたもんだよ」

ボノ「それってジ・エッジみたいなやつのこと?」

トランプ「そういうやつは顔面ぶん殴ってやるんだ」

ボノ「アダム・クレイトンみたいなやつ?」

トランプ「そういうやつは顔面ぶん殴ってやるんだ」

ボノ「ラリー・マレン・ジュニアみたいなやつ?」

トランプ「そういうやつは顔面ぶん殴ってやるんだ」

ボノ「おまえに刃向うやつは誰でも? なんか意見をいうやつは誰でも顔面ぶん殴ってやるの?」

トランプ「壁を建ててやる。壁を建ててやる。壁を建ててやる。壁を建ててやる……」

ボノ「その中はアメリカなのに! その中はアメリカなのに! その中はアメリカなのに!」

実際の映像はこちらから。
http://www.youtube.com/watch?v=0SVd2jQAda0

この日のセットリストはこちら。
#SetList U2 - DreamFest 2016 - Cow Palace - Daly City, California, USA. #U2 #Bono #TheEdge #AdamClayton #LarryMullenJr #DreamFest U2 - Vision over Visibilityさん(@u2_vision)が投稿した写真 - 2016 10月 6 5:28午前 PDT

RO69(アールオーロック)

最終更新:10/11(火) 20:11

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]