ここから本文です

シカの卵?胃袋から石コロリ

紀伊民報 10/11(火) 16:46配信

 和歌山県田辺市西大谷で有害捕獲された雌ジカの胃から鶏の卵にそっくりな石が出てきた。地元では「こんな石をシカはのみ込まないはず。なぜだろう」と話題になっている。田辺市三川連絡所で「鹿の玉子」として展示している。

 このシカを捕獲したのは同市向山の長朝秀さん(65)。9月中旬、銃で仕留めた後、解体している最中に、胃から転がり出てきたという。長さ約5・5センチ、幅約4センチ、重さ約100グラム。色が白っぽく、楕円(だえん)形をしており、鶏の卵を連想させる。

 長さんは「30年前から狩猟をしているが、こんなの初めて」と驚いている。ハンター仲間も「今まで見たことない」と口をそろえる。

最終更新:10/11(火) 16:46

紀伊民報