ここから本文です

バルサがスイス代表戦を視察 目的は右サイドバックのリヒトシュタイナーか

SOCCER KING 10/11(火) 13:12配信

 バルセロナがユヴェントスに所属するスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーの獲得に動いている。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が10日に報じた。

 同紙によると、9日にアンドラで行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選の一戦、アンドラ対スイス戦をバルセロナの技術スタッフ、ロベルト・フェルナンデス氏が視察に訪れていたという。

 今夏の移籍市場で、バルセロナの右サイドバックを長年務めていたブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスがユヴェントスへ移籍。2016-17シーズンの同クラブではスペイン代表MFセルジ・ロベルトが右サイドバックを任されている。

 7日付のスペイン紙『アス』などは、スペイン代表DFアレイクス・ビダルがチームメートに対して、「バルセロナを去りたい。はっきりした気持ちだ」と退団の意思を伝えたと報じている。同選手はS・ロベルトと同様、右サイドバックとしてプレーが期待される選手だが、今シーズンのリーグ戦出場は1試合にとどまっている。

 D・アウヴェスの加入によって、出場機会が限られているリヒトシュタイナー。バルセロナは同選手の獲得へ本格始動するのか。今後の展開に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:10/11(火) 13:18

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。