ここから本文です

「ピルロのような」役割に適応中 決勝弾のポグバ「良いプレーだった」

SOCCER KING 10/11(火) 16:37配信

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第3節が10日に行われ、グループAではオランダ代表とフランス代表が対戦。アウェーのフランス代表が1-0と勝利を収め、2勝1分けの勝ち点7としてグループ首位に浮上した。

 同試合で決勝ゴールを挙げたフランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・U/イングランド)が心境を明かした。フランスサッカー連盟(FFF)公式HPでのコメントを、大手メディア『ESPN』が伝えている。

 ポグバは前半30分、敵陣中央から思い切りよく右足を振り抜き、強烈なミドルシュートを決めた。試合後、同選手は「自分はドリブルを多く試みようとするタイプの選手で、少し(その回数が)多すぎるかもしれないけど、自分はまだ若いんだ。人々はそのことを忘れてしまう時があるけどね」と話し、以下のように続けた。

「自分は今、適応しているところだ。自分は前進することを好む選手で、監督が指示を与えてくれる。彼(ディディエ・デシャン監督)が言うとおり、自分はゲームメイクをして、守備でも貢献しなければいけない。(アンドレア)ピルロのようなポジションなんだよ」

 そしてポグバは、敵地での完封勝利を振り返って「良いポイント(勝ち点3)を取れた。チームは良いプレーをしたよ。良いパフォーマンスだった。特に前半はね」と、手応えを掴んでいる様子だった。

 フランス代表の次節は11月13日、スウェーデン代表とホームで対戦する。

SOCCER KING

最終更新:10/11(火) 16:37

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]