ここから本文です

レアル、S・ラモスが左膝内側側副靭帯の捻挫と発表…6週間の離脱か

ゲキサカ 10/11(火) 10:37配信

 レアル・マドリーは10日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが検査の結果、程度2の左膝内側側副靭帯の捻挫と診断されたことを発表した。スペイン『マルカ』によると、全治6週間を要する見込みだという。

 S・ラモスは、9日に行われたW杯欧州予選の第4節アルバニア代表戦(2-0でスペインが勝利)に先発したが、後半35分にCKからの競り合いで着地した際に左膝を痛め、負傷交代を余儀なくされていた。

最終更新:10/11(火) 10:37

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。