ここから本文です

「勝ち点2を失った感じ…」 豪州とのドロー悔やむハリル、1トップ本田のパフォーマンスにもチクリ

ゲキサカ 10/11(火) 20:22配信

[10.11 W杯アジア最終予選 日本1-1オーストラリア メルボルン]

 日本代表はグループ最大のライバル・オーストラリア代表とアウェーで勝ち点1ずつを分け合った。バヒド・ハリルホジッチ監督は試合後のインタビューで「勝ち点1よりは勝ち点2を失った感じ」と試合を振り返った。

 日本は前半5分にFW原口元気が先制点を挙げた。だが、後半6分に原口がPA内でFWトミ・ユーリッチを倒してしまい、PKを献上。これをMFミル・ジェディナクに決められ、イラク戦に続いて同点に追いつかれてそのまま引き分けに終わった。

「このようなファウルはしてはいけない。しっかり我々はオーガナイズしてオーストラリアにチャンスを作らせなかった。2、3回得点を取るチャンスもあったし、勝ち点2を失った。だだ、選手たちは素晴らしい試合をしてくれた。しっかり管理してくれた。このようなの試合で、もう少しフレッシュさ、スピードがあれば勝てたかなと思う」

 そう選手たちを称えた指揮官。この試合では先発を4人変更し、FW本田圭佑を1トップに入れた。「少しタクティクスにサプライズを起こそうかなと。それが効果的になればということ。本田がもう少しパフォーマンスが良ければ、この試合を勝てたと思う」と、本田のパフォーマンスにも言及した。

 最後に11月15日の第5節サウジアラビア戦については、「まず、この試合をしっかり分析をして、ペナルティーをやられてフラストレーションが溜まっているが、そのあとサウジアラビア戦の話をしようと思う」と語り、「ありがとうございます」と日本語で自らインタビューを終わらせ、去っていった。

最終更新:10/11(火) 23:43

ゲキサカ