ここから本文です

敵地でドローも満足なし、MF長谷部「もう少しうまく試合を運べば…」

ゲキサカ 10/11(火) 20:43配信

[10.11 W杯アジア最終予選 日本1-1オーストラリア メルボルン]

 難敵オーストラリアとのアウェー戦。前半5分に幸先良く先制したものの、後半7分にPKで同点に追い付かれると、その後は押し込まれる時間帯が続いた。体を張った粘り強い対応で勝ち越しゴールを許さずに1-1のドローに持ち込んだものの、キャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)は「勝ち点3を取れたと思う」と試合後に悔しさを滲ませた。

 いきなり試合を動かした。前半5分、相手の縦パスをFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)がカットすると、長谷部がこぼれ球に反応。FW本田圭佑(ミラン)に縦パスを打ち込むと、本田のスルーパスから抜け出した原口がネットを揺らして先制に成功した。守備に回ってもオーストラリアに自由を与えずにシュートまで簡単には持ち込ませなかった。

「試合開始から自分たちのやろうとしたサッカーがハマったと思う」と手応えを感じていたが、徐々にオーストラリアの圧力にさらされると後半7分にPKで同点に追い付かれ、その後は守備に回る時間が長くなった。「奪った後のカウンターの部分でもう少し精度を上げないと、ずっと押し込まれる時間帯が続いてしまう」と課題を挙げたが、粘り強い対応でオーストラリアに2点目を許さずに試合は1-1のまま終了を迎えた。

 敵地から勝ち点1を持ち帰ることとなり、勝ち点を7に伸ばしたものの、キャプテンは満足していなかった。「個人的な感想としては今日は勝ち点3が取れたと思う。PKは厳しい判定だったが、もう少しうまく試合を運べば今日は勝ち点3を取れたと思うし、悔しい気持ちがあります」。

 1か月後の11月15日には最終予選の折り返しとなる第5節サウジアラビア戦を迎える。「前半戦最後の試合に勝って、勝ち点を10に乗せることが非常に大事。これから先の戦いを考えても、そこでの勝ち点3はマストになると思う」とホームで迎える次戦での必勝を誓った。

最終更新:10/11(火) 23:52

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。