ここから本文です

オフショア人民元:8日続落、2年で最長-SDR採用後下げ止まらず

Bloomberg 10/11(火) 15:58配信

香港オフショア人民元は11日、対ドルで8営業日続落。元は1日に国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)の通貨バスケットに正式に組み入れられた後、下落の一途をたどっている。

香港オフショア市場の人民元は現地時間午後2時6分(日本時間同3時6分)現在、前日比0.05%安の1ドル=6.7207元。8営業日では0.7%下げ、ここ2年余りで最長の下落局面となっている。

本土市場の人民元は6年ぶりの安値に下落。中国人民銀行(中央銀行)は元の中心レートを2日連続で引き下げた。人民銀は元のSDR採用前、元相場を安定させるために介入しているとの観測が浮上していた。

原題:Yuan Set for Longest Losing Streak in Two Years Post-IMF Entry(抜粋)

Robin Ganguly, Helen Sun

最終更新:10/11(火) 15:58

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。