ここから本文です

中国の国債に海外から資金流入-SDR採用控え9月は記録的な増加

Bloomberg 10/11(火) 16:21配信

中国人民元が国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)通貨バスケットに正式に組み入れられたのに先立ち、海外の投資家は9月に中国の国債持ち高を記録的な規模で増やした。

中国中央国債登記結算のデータによれば、外国の機関による9月の国債買越額は410億元(約6330億円)。国債保有残高は3859億7000万元に達した。年初来の月平均買越額の3倍強で、11カ月連続の買い越しとなった。元は10月1日にSDR通貨バスケットに正式採用された。

三菱東京UFJ銀行(中国)の李劉陽マーケットアナリスト(上海在勤)は、「SDRバスケットに加わったことが流入増に寄与していることを示している」と指摘。「登録手続きが済んだ機関が今後増えれば、さらなる資金が流入するはずだ。他の主要国の国債に比べると中国の国債は非常に魅力的だ」と話した。

原題:Foreign Funds Boost China Government Bond Holdings by Record (1)(抜粋)

Helen Sun

最終更新:10/11(火) 16:21

Bloomberg