ここから本文です

トランプ氏は「米国のCEO」になれない-わいせつ発言ですぐ更迭

Bloomberg 10/11(火) 22:39配信

共和党の米大統領候補、ドナルド・トランプ氏は、企業を経営するように米国を運営したいと言う。しかし、もし米国が公開企業でトランプ氏がその最高経営責任者(CEO)を務めていたら、最近の女性蔑視発言のスキャンダルで辞任に追い込まれていたことだろう。

トランプ氏の支持者らはわいせつ発言を「ロッカールームでの会話(男性同士の冗談)」として見逃すかもしれないが、企業の取締役会は、悪評判や訴訟のリスクを生む振る舞いについて、もっと程度の軽い行動に対してもはるかに厳しく対応してきた。幹部人材紹介会社クックのパット・クックCEOは「トランプ氏のような発言をして見つかったCEOは誰であれ、24時間以内に更迭されるだろう」と話した。

白人男性が大部分を占める米企業の最高幹部らが清廉潔白なわけでないことは、後を絶たない不祥事が示している。しかし、現代の企業は企業人としての行動に厳格なルールがある世界で存続している。性差別的あるいは性的な行動はもちろんのこと、そのような発言も解雇の理由になる。

原題:Sex and the C-Suite: The Trump Video Would Get Most CEOs Ousted(抜粋)

Shannon Pettypiece

最終更新:10/11(火) 22:39

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。