ここから本文です

中村アン、モデル業を支えた“笑顔”の秘訣明かす

リアルライブ 10/12(水) 11:32配信

 モデルの中村アンが11日、都内で行われた「スーパーバイラーズ2016 お披露目発表会」に出席。集英社のファッション誌「BAILA(バイラ)」の岡野まかみ編集長とトークを行う中、モデルとして第一線で活躍し続けてきた中村の“笑顔の魅力”が話題に挙ると、中村は「高校一年生からずっとチアリーディングをやっていたので、自分にとって笑うことは普通だった」とコメント。チアリーディングのために笑い癖をつけようと努力していると自然と口角があがるようになったといい、「『口元がミッキーマウスに似ているな』って言われたり。それくらい大きく笑うことをいつも心がけています」と笑顔の秘訣を明かした。

 笑顔の秘訣を明かす反面、中村はまた、モデル業をしていく中でストレスも常にあったといい、ストレス発散の秘訣についても「走りに行ったり、お酒を飲んだり…」と紹介。モチベーションを保つコツについても「アップダウンは勝手に一人であります。少し投げやりになってしまったり、先が見えないことがたくさんある中、とにかく今目の前にあることを一生懸命やろうって。常にあきらめないことを心がけています」と明かしていた。

 この日は同誌の新しい読者モデルやブロガーを発掘する「スーパーバイラーズ2016」の受賞者も発表され、18名の新しい“バイラー”が誕生。LUNASOL賞に山嵜由恵、Andemiu賞に西島まどか、オフィスミューズ賞に高山咲子、オフィスミューズ大賞に加藤和歌子が選ばれ、授賞式にはプレゼンターとして中村も参加した。

(取材・文:名鹿祥史)

最終更新:10/12(水) 23:42

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]