ここから本文です

ノーベル文学賞、今年も注目の村上春樹 世界進出支えた「米国最強の布陣」

withnews 10/13(木) 7:00配信

 13日に発表される予定のノーベル文学賞。日本では今年も、村上春樹さん(67)の受賞の期待が高まっています。2006年に「ノーベル賞の登竜門」ともいわれる「フランツ・カフカ賞」を受賞し、国外でも人気を誇る村上さん。そのきっかけとなった四半世紀前のアメリカ進出には、「米国最強の布陣」の支えがありました。(GLOBE編集部、杉崎慎弥)

【写真特集】大隅良典さんから湯川秀樹さんまで。ノーベル賞を受賞した日本の偉人たち

「ノルウェイの森」後、敏腕代理人がアプローチ

 まだ、マンハッタンにツインタワー(WTC)がそびえていたころ。昼下がりのニューヨーク中心街で6人の男女がテーブルを囲んでいた。

 英語版の「羊をめぐる冒険」を1989年に出版したものの、まだまだ米国では無名作家にすぎない村上春樹、村上が翻訳を手がけた米作家レイモンド・カーヴァーの妻で、自身も作家のテス・ギャラガー、トバイアス・ウルフ、ジェイ・マキナニーら人気作家の面々だ。

 彼らを連れてきたのは、敏腕文芸代理人“ビンキー”ことアマンダ・アーバン。「ハルキはうれしそうに彼らと会話し、家族の仲間入りをするような感じでした」。そう振り返るのは、「羊をめぐる冒険」の出版元である講談社インターナショナル(KI社)の編集者だったエルマー・ルーク(68)だ。ビンキーは、日本で「ノルウェイの森」を大ヒットさせて米国の出版業界でも注目され始めていた村上の代理人になることを望み、ルークにアプローチしてこのランチをセットしたのだった。

 日本では、出版界における「代理人」という存在はなじみが薄い。米国では、代理人が自らの人脈を駆使して書籍の魅力を出版社や書店、書評を執筆する批評家らに売り込む。その腕次第で、本の売り上げが変わるというのが業界の常識だ。

 その後ビンキーは村上との代理人契約を結び、作品を次々とベストセラーにのし上がらせていくのだが、それは10年ほど先のことだ。

「海外では一番広く読者に届けられる方法でやりたい」

 現地法人のKI社が米国進出の足がかりを作ってくれたものの、その営業戦略に村上は満足していなかったふしがある。「羊をめぐる冒険」の発売に合わせ、妻を伴ってNY入りした村上は89年10月21日、KI社の会議室で責任者の白井哲(69)らを前にこう切り出した。

 「日本でお世話になった出版社を尊重したい。でも、海外では一番広く読者に届けられる方法でやりたい」。

 白井は「こんなことを言い出す日本人作家はいません。普通は英語版が出るだけで満足してしまう。村上さんは進出当時から世界を見据えて、純粋に自分の作品が世界中で読まれることを願っていたんでしょうね」と語る。

1/2ページ

最終更新:10/13(木) 7:00

withnews