ここから本文です

佐々木希、「SUPER JUNIOR」イェソンに韓国語レッスンおねだり 再共演誓い合う

映画.com 10/12(水) 5:00配信

 [映画.com ニュース] 韓国の人気アイドルグループ「SUPER JUNIOR」のイェソンと佐々木希がダブル主演した映画「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」の完成披露上映会が10月11日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、2人と朝原雄三監督が舞台挨拶に立った。

【フォトギャラリー】佐々木希、イェソンら、その他の写真はこちら

 映画は、沖縄出張中に会社が倒産し無職になったヨンウン(イェソン)と、韓国語をマスターしなければ旅行会社をクビになってしまうシングルマザー・さくら(佐々木)が、語学レッスンやアクシデントを通して距離を縮めていくロマンティックコメディ。撮影時の苦労を問われた佐々木は、韓国語のセリフに挑んだことをあげ「一番大きな挑戦でした。現場にも先生はいたが、撮影に入る前までに準備をして、しっかり覚えました。少しのニュアンスが難しかったりするので大変でした。けど、現場に入ってからは1番の先生がいらっしゃるので」とイェソンにほほ笑みかける。客席が「ヒュー! ヒュー!」と2人をはやし立てると、イェソンは照れ隠しで「皆さんにとっての先生にもなれるんですよ」とおどけていた。

 さらにイェソンは、「佐々木さんは、韓国語に関心が高いですよね」と言い、「韓国語をもっとたくさん勉強なさって、後々韓国の映画やドラマに出演してくださったらいいですね」と提案した。佐々木は「その時はまた先生としてよろしくお願いします」とおねだり。そして「一緒に共演できることを楽しみにしています」(佐々木)、「はい!」(イェソン)と再共演を誓い合った。

 「日本のファンに本作を見てもらう気持ち」を聞かれたイェソンは、「撮影には太って臨んだので、不細工なヨンウンはいかがでしたか?」と客席に呼びかける。驚きの声があがるなか、「4キロくらい太った状態で撮影しまして、その後8キロ痩せたんです。今現在は、撮影時から比べますと6キロ減量している体重です」と説明した。

 この日は、ハワイ国際映画祭とオーストラリア日本映画祭への出品が決定したことが発表され、イェソンは「あまりにも嬉しくて我慢できない!」とガッツポーズをして喜びを表現していた。「いきなり先生になったボクが彼女に恋をした」は、11月3日から全国公開。

最終更新:10/12(水) 5:00

映画.com