ここから本文です

ダイワドレッサー川須「立ち回りのうまさは武器になる」/秋華賞共同会見

netkeiba.com 10/12(水) 15:48配信

 秋華賞(GI・芝2000m)に出走するダイワドレッサー(牝3・美浦・鹿戸雄一)の最終追い切り後、管理する鹿戸調教師と追い切りに騎乗した川須栄彦騎手の共同記者会見が行われた。

■鹿戸調教師

(最終追い切りについて)
「この馬は早めに入厩して稽古をどんどん積んでいましたので、今日はビッシュ同様、最後だけ併せてキッチリ息を整えるような調整でした」

(川須騎手にはどのような指示を?)
「とにかく最後までヤル気を出させてほしいと伝えました」

(1勝馬ながら重賞2着2回のこの馬について)
「レースが上手な馬なので、相手が強くても頑張っているところがあります。本当は勝ちたかったのですけど、彼女なりには一生懸命走っていると思います。飼い葉食いに関しても心配する馬ではないので、どしどし週2本ずつ稽古を積んで万全な状態で行けると思います」

(セールスポイントは?)
「競馬が上手なところです」

(枠の注文は?)
「できれば内枠がいいかなと思います」

(本番ではどんなレースを?)
「レースが上手で先行力もありますし、ある程度いい位置について流れに乗ってほしいです」


■川須騎手

(最終追い切りの手応えは?)
「初めて乗せて頂いたのですけど、操縦性が高くて反応も良かったですし、本当にいい追い切りができたと思います」

(鹿戸師からアドバイスなどは?)
「追い切りに関しては、初めて馬とコンタクトを取るのでその辺のことと、そんなにやり過ぎなくてもいいからと言われていました。時計については細かい指示はなかったので、ペースメーカーの馬を見ながら行って、最後併せるというような内容でした」

(本番への期待も高まる?)
「感触も良くて、本番がとても楽しみになりましたね」

(ダイワドレッサーの印象は?)
「レースを見せて頂く限りでは、とても立ち回りがうまく、常に上位に来て、一生懸命能力を出し切って走っているような印象でした。乗りやすい馬ではないかなと思いました」

(そのイメージとのギャップは?)
「イメージ通り、とても乗りやすいです。競馬が上手だと思うので、京都の2000mという舞台は合っていそうですし、立ち回りのうまさを生かして競馬をしたいですね」

(本番のイメージは?)
「まだ馬場も良くて内回りですし、いい位置で競馬ができたらなというのはありますね。あとは流れや展開に応じて器用に立ち回れる操縦性の高さがありますので、臨機応変に競馬ができればと思います」

(京都2000mの攻略の鍵は?)
「やはり最初のコーナーまでのポジショニングが、とても大事だと思います。見ている限りゲートも上手そうなので、立ち回りのうまさをアドバンテージにしたいです。流れが遅くなったり、速い時計を意識して速いペースになったりもするので、立ち回りのうまさは大事ですし、絶対に武器になると思います」

(GIタイトルに向けての思いは?)
「こういうチャンスを頂けることがすごくありがたいですし、オーナーや関係者の方に頂いたチャンスなので、結果で恩返しできたらというのはあります」

(最後にメッセージを)
「本当に立ち回りが上手な馬ですし、チャンスがある馬でGIに参戦できるということに感謝して、一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:10/12(水) 15:48

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ