ここから本文です

【香港】中華に合う日本酒を提案、食中酒で拡販へ

NNA 10/12(水) 11:30配信

 日本貿易振興機構(ジェトロ)香港事務所は11日、「日本酒セミナー」を開催した。セミナーでは日本酒と中華料理の組み合わせを複数提案し、香港の飲食業界関係者らに紹介。食中酒としての日本酒の新たな魅力をアピールした。地場の飲食店に売り込むことで日本酒の拡販を狙う。
 西九龍のショッピングモール、圓方(エレメンツ)の有名広東料理店「利苑(LEI GARDEN)」で開いた。日本酒造組合中央会海外戦略委員会の委員長で、出羽桜酒造(山形県天童市)の仲野益美社長は、「現地の食に合わせたものでなければ広まらない。中華料理に合う日本酒の魅力を届けたい」と意気込んだ。
 仲野社長によると、日本酒造組合中央会に所属する日本酒のメーカーは約1,200社。うち約半数の655社が海外への輸出実績を持つ。ただ、海外への輸出量は生産量全体の3%にとどまるという。日本酒造組合中央会の海外戦略委員会は、海外への売り込みに力を入れる目的で8年前に発足。香港は背後に中国本土を抱える重要市場と位置付けている。
 日本の財務省によると、日本から香港への日本酒の輸出額は2015年が22億8,198万円。輸出額ベースでみた香港のシェアは、米国に次いで2位の16.3%となっている。

最終更新:10/12(水) 11:30

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]