ここから本文です

浸水被害や土砂災害相次ぐ…政府が復旧支援へ 豪雨はあすまで/台湾

中央社フォーカス台湾 10/12(水) 12:33配信

(台北 12日 中央社)台風19号の外側の雲や湿った北東の風などの影響で連日豪雨となっている台湾。花蓮や台東など東部を中心に浸水被害や土砂災害などが相次いでおり、蔡英文総統は10日、行政院(内閣)に対し、早期の復旧に向け最大限の支援をするよう指示した。

行政院は11日、経済部(経済省)、農業委員会、交通部(交通省)などに対策室を設置した。土砂災害の恐れがある地区で住民の避難を進めるほか、浸水個所や寸断された道路・鉄道の復旧、農作物の安定供給に取り組む。

中央気象局によると、この豪雨は13日まで降り続ける見通し。また、フィリピンの東にある熱帯低気圧が今後台風に変わり、早ければ16日に台湾へ影響が出る可能性もある。引き続き警戒が必要だ。

(戴雅真、陳葦庭、葉素萍/編集:齊藤啓介)

最終更新:10/12(水) 12:33

中央社フォーカス台湾