ここから本文です

アルピーヌ、日本でも復活 2018年上期より

レスポンス 10/12(水) 8:45配信

アルピーヌは11日、コンセプトカー、アルピーヌ『ヴィジョン』を日本でも公開すると同時に、2018年より販売することを発表した。日本は、欧州以外での初めての輸出市場となる。

[写真8点]

1955年にジャン・レデレが設立し、レースやラリーシーンで活躍したアルピーヌ。市販モデルでは『A110』や『A310』、『V6ターボ』などが有名だ。

今から約20年前に生産を終了してから今日までアルピーヌというブランド名での生産はされてこなかったが、「2017年から欧州でビジネスを開始し、徐々にほかの市場に展開する。日本は欧州以外で初めての輸出市場になる」とは、同社マネージングディレクターのミハエル・ヴァン・デル・サンテー氏の弁。日本への導入時期は、「2018年上期に投入を開始する」と述べる。

販売に関しては「現在アルピーヌディーラーとして、ルノーディーラーの中でも最も熱意があり、優秀なところと少数のネットワークを構築したい」と意向を示した。

生産はアルピーヌの本拠地、ディエップで生産される。この場所はアルピーヌのレースカーやロードカーが生産されてきた場所である。その性能は「ルノー・スポールで開発し、0-100km/hは4.5秒を誇る」という。パワートレインについてサンテー氏は、「ターボチャージャー4気筒エンジンで、DCTギアボックスを搭載する」。また、プラットフォームについてサンテー氏は、「アルピーヌ専用で、全く新しいもの。他のルノー車や日産車とは共用していない。しかし今後エンジンやプラットフォームなどは別のクルマに使う可能性もある」とした。

なお、まだ予約は受け付けておらず、価格もまだ決定はしていないという。ただし、「ディーラーネットワーク構築が終了する2017年上期に予約を受け付けたい。プレミアムカーなので、他のルノー車よりは高くなるだろうが、大幅に高くなることはない」と語った。

《レスポンス 内田俊一》

最終更新:10/12(水) 8:45

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。