ここから本文です

菅田将暉が横浜流星らとGReeeeNの楽曲でCDデビュー、特別映像で歌声披露

映画ナタリー 10/12(水) 4:00配信

4人組音楽グループGReeeeNの楽曲「キセキ」が誕生するまでの歩みを描く「キセキ ーあの日のソビトー」。このたび、劇中でGReeeeNを演じる菅田将暉らがグリーンボーイズの名前でCDデビューすることが明らかになり、映画の本編映像の一部がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、菅田がGReeeeNのリーダー・ヒデを、松坂桃李がヒデの実兄で同バンドのプロデューサー・ジンを演じる青春ドラマ。ヒデ以外のGReeeeNメンバーに横浜流星、成田凌、杉野遥亮が扮し、「ちーちゃんは悠久の向こう」の兼重淳が監督を務める。

グリーンボーイズのデビューシングルは2017年1月24日に発売。バンド名と同タイトルのCDには彼らが歌うGReeeeNの楽曲「声」「道」「キセキ」が収録される。なお「キセキ」はCDの発売に先駆け2016年11月9日に配信を開始。加えて2017年1月7日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで行われるGReeeeN10周年記念ライブ「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル~デル~デ♪』」にグリーンボーイズがゲスト出演することも発表された。

CDデビューについて菅田は「撮影時や打ち上げの時の一体感、グルーヴ感が本当に楽しくて、このままで終わりたくないと思っていました。色々な方の力を借りて、このような形で皆さんに届けることができるようになりました。素直に嬉しいです」とコメントしている。

YouTubeにて公開された映像は、ロングバージョンとショートバージョンの2種類。GReeeeNのデビュー当時の制作スタイルを再現したシーンになっており、スタジオではなくクローゼットの中で歌うことになったヒデたちが「道」をレコーディングしていく様子が映し出される。

「キセキ ーあの日のソビトー」は、2017年1月28日より全国ロードショー。

菅田将暉 コメント
撮影時や打ち上げの時の一体感、グルーヴ感が本当に楽しくて、このままで終わりたくないと思っていました。
色々な方の力を借りて、このような形で皆さんに届けることができるようになりました。
素直に嬉しいです。
技術は持っていないし、決してうまくはないけれど、
純粋に音楽を楽しみ、音楽を伝えていきたい、そんな思いのつまった僕らなりの音楽です。
今回、カバーさせて頂いたGreeeeNさんの曲は盛り上がれるしグッとくるし、良い曲です。
グリーンボーイズとして大切に歌います。

横浜流星 コメント
ただただ、驚いています。
大好きなGReeeeNさんのメンバーの一員を演じさせて頂き、歌を歌わせて頂きその歌がリリースされるということは、この上なく幸せな気持ちです。新生グリーンボーイズとしてGReeeeN同様、沢山の方の心に響く歌を歌いたいです。

成田凌 コメント
お話を聞いたとき、驚きや照れや喜びや、たくさんの感情が組み合わさり、実感もなく、ただ、「そうなんだ。」と思ったのを覚えています。よく考えてみたら本当に凄いことで、未だ実感が湧かず戸惑っています。
ただ、声がコンプレックスで歌が苦手だと悩み続けていた先日までの僕に報告してあげたいです。

杉野遥亮 コメント
初めて聞いた時は本当にビックリしました!
でも、時間が経つにつれて実感も湧いてきましたし、やる気にも満ちています。
みんなで一緒に、撮影中に培ったものを音楽という形で表現できる幸せに感謝しています。

HIDE(GReeeeN) コメント
このお話を聞いたときは、驚いたとともにとても嬉しく思いました。
歌も聴かせて頂きましたが、僭越ながら僕たちと同じ種類のエネルギーを感じざるをえません。
少し恥ずかしくもなりましたが、とても魅力的に思いました!
この度、「道」「声」「キセキ」をカバーして頂きますが僕らにとてもとても大切な曲達をグリーンボーイズならではのパワーで新たに皆さんにお伝えてしていって頂けたらと思います!



(c)2017年「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

最終更新:10/12(水) 4:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]