ここから本文です

<ドクターX>米倉涼子演じる“大門未知子”に新たな敵が続々 シリーズ最新作あすスタート

まんたんウェブ 10/12(水) 15:30配信

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)が13日、初回15分拡大スペシャルでスタートする。今回は2014年の第3シリーズ以来、2年ぶりの連続ドラマとなる第4シリーズで、米倉さん演じるフリーランスの天才外科医・大門未知子が宿敵・蛭間(西田敏行さん)率いる国内最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に新たな戦いに挑む。

【写真特集】大門未知子の“新たな敵”は濃すぎる面々?

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子を通して医療現場を描いた人気ドラマ。「いたしません」「私、失敗しないので」といった名ぜりふや痛快な展開などが受け、12年の第1シリーズは同年の民放連続ドラマ1位となる平均視聴率19. 1%(関東地区 ビデオリサーチ調べ、以下同)をマークし、13年の第2シリーズは平均視聴率23.0%、第3シリーズは平均視聴率22.9%、最終回では自己最高となる平均視聴率27.4%を記録した。

 第4シリーズとなる今回は、「東帝大学病院」の新院長となる蛭間(西田さん)や、今年7月のスペシャルにも登場した内科医・黄川田高之(生瀬勝久さん)が内科部長となって再登場。新たに同院の外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎さん)、未知子とともに同院に呼ばれたスーパードクター・北野亨(滝藤賢一さん)、広報官・南幾子(草刈民代さん)、新たな副院長・久保東子(泉ピン子さん)といった“新たな敵”が次々と未知子の前に立ちはだかる。

 15分拡大となる初回はニューヨークで幕開け。中華料理店を訪れた未知子の前で妊婦が倒れ、診察した未知子は、客の一人の久保東子が清掃作業員として働いているという近所の病院に搬送し、オペを実施。東子は未知子の腕前に感動し、未知子も日本の大学病院の腐敗ぶりをめった切りする東子と意気投合する。

 その矢先、東帝大病院から未知子に声がかかる。さまざまな隠ぺいや医療ミス、派閥争いなどで評判ががた落ちの東帝大病院では、未知子の宿敵・蛭間が院長の座をかすめ取ったばかり。未知子は不本意ながら“敵陣”に乗り込むが、そこで未知子は、意外な人物と再会する。それは新副院長に任命された東子で、しかも未知子を雇うと独断した人物でもあった。さらに、「私はこの大学病院を掃除したいの」と頭を下げる東子に、未知子はうさん臭さを感じる。

1/2ページ

最終更新:10/12(水) 15:30

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]