ここから本文です

【国際航空宇宙展16】東陽テクニカ、ジェットエンジン試験製品など紹介[事前]

レスポンス 10/12(水) 9:04配信

東陽テクニカは10月12日~15日、東京ビッグサイトで開催される「2016年国際航空宇宙展」に、衛星試験やジェットエンジン試験などに使用する製品・ソリューションを出展すると発表した。

同社は、衛星や航空機の開発で必要とされる実験データの取得、解析、出力信号の制御を行う製品・ソリューションを取り扱っている。

また、同社では衛星や航空機に使用される機器のHALT試験システムの販売、HALT試験サービスを行っている。短時間に製品に強いストレスをかけるHALT試験を行うことで、不具合が生ずる箇所や症状など製品の弱点を短期間で把握でき、市場における不具合発生を未然に防ぎ、信頼性確保ができる。

今回、計測の効率化から、設計、品質、信頼性の向上までを「2016年国際航空宇宙展」で提案する。これら製品を含め、展示する同社取り扱い製品は、海外の多くの航空宇宙産業に関連する企業や研究機関に採用されている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/12(水) 9:04

レスポンス