ここから本文です

黒沢清&マーティン・スコセッシが東京国際映画祭・SAMURAI賞に決定!

cinemacafe.net 10/12(水) 14:15配信

10月25日(火)より開催される「第29回東京国際映画祭」。この度、比類なき感性で“サムライ”のごとく、常に時代を斬り開く革新的な映画を世界へ発信し続けてきた映画人の功績を称える「SAMURAI賞」が、アメリカのマーティン・スコセッシ監督と黒沢清監督に贈られることが発表された。

【画像】受賞が決定したマーティン・スコセッシ監督

今年で3回目を迎える「SAMURAI賞」。新しい時代への道を斬り開く画期的なフィルムを制作し続けてきた映画制作者の功績を表彰するこの賞は、過去には第1回目に北野武監督とティム・バートン監督。第2回目は山田洋次監督とジョン・ウー監督が受賞している。

今回受賞したスコセッシ監督は、カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞の『タクシードライバー』や、レオナルド・ディカプリオやキャメロン・ディアス出演の『ギャング・オブ・ニューヨーク』など数々の作品を手掛け、そして遠藤周作原作の映画『沈黙 -サイレンス-』の公開も控えている。一方黒沢監督は、2008年の『トウキョウソナタ』でカンヌ映画祭「ある視点」部門審査員賞などを受賞し、昨年公開された『岸辺の旅』でもカンヌ映画祭「ある視点」部門に出品され、日本人初の監督賞を受賞している。

なお、本賞の授賞式は11月3日(木)に行われ、受賞を記念して黒沢監督のSAMURAI賞特別講演も同日に開催。黒沢監督の経歴をふり返ると共に、映画制作におけるいままで黒沢監督が直面してきた課題などが話されるようだ。また、スコセッシ監督は残念ながら来日することはできないが、授賞式当日は本人のメッセージが紹介される予定だ。

「第29回東京国際映画祭」は10月25日(火)~11月3日(木・祝)の期間で開催。

最終更新:10/12(水) 14:15

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]