ここから本文です

タタのインド販売8%増、乗用車は24%増 9月

レスポンス 10/12(水) 9:30配信

インドの自動車大手で、インド乗用車市場第3位のタタモーターズは10月1日、9月のインド新車販売(輸出も含む)の結果を公表した。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は4万8648台。前年同月比は8%増と、9か月連続で前年実績を上回った。

[写真:タタ ナノ・ツイスト]

タタのインドでの主力は商用車。9月は2万8360台を販売。前年同月比は2%減と、3か月連続で減少した。このうち、LCV(ライトコマーシャルビークル)は、前年同月比19%増と10か月連続のプラス。

また、9月のインド乗用車販売は1万4601台。前年同月比は24%増と、4か月連続のプラス。

9月の輸出台数は、5687台。前年同月に対して、29%増と、4か月連続のプラスだった。

タタモーターズの2015年度(2015年4月から2016年3月)インド新車販売(輸出も含む)は、51万1711台。前年比は2%増と、前年実績を上回っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/12(水) 9:30

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革