ここから本文です

エビ中、新ヴィジュアル&ベスト盤ジャケットを解禁 特典ディスクはCMJKによる“テラミックス”

CDジャーナル 10/12(水) 17:12配信

 9月にメジャーでの10枚目となるシングル「まっすぐ」をリリースし、現在全国ワンマン・ツアー〈私立恵比寿中学秋ツアー2016~エビ中って現役中学生一人も居ないグループなんだって!~〉を開催中の私立恵比寿中学が、11月16日(水)に発売となるベスト盤のジャケットと新ヴィジュアルを公開。

 代表曲を網羅した『「中卒」~エビ中のイケイケベスト~』(SECL-2074 2,700円 + 税)、ライヴでの人気曲などを中心にセレクトされた『「中辛」~エビ中のワクワクベスト~』(SECL-2075 2,700円 + 税)、そして両タイトルのほかミックスCDやメンバーへのインタビューも加えた『「中卒」「中辛」~エビ中のコンプリートベスト~』(完全生産限定盤 / SECL-2076~2078 8,000円 + 税)の3タイトルが同時発売となる今回のベスト盤。タイトル同様“まだまだ嫁ぎません。まだまだ稼ぎます♡”という紛らわしいキャッチコピーを冠した新ヴィジュアル(コンプリートベストのジャケットも同様)は、白無垢に身を包んだメンバーが金の延べ棒を前に鎮座するというもの。さらに「中卒」では白いドレスを、「中辛」では色鮮やかなサリーをまとったメンバーがジャケットを飾っています。

 併せて『「中卒」「中辛」~エビ中のコンプリートベスト~』特典ディスクは、これまでサウンドプロデューサー / 編曲家 / 作曲家として数多くの作品を手掛け、「参枚目のタフガキ」(3rdアルバム『穴空』収録)の編曲も担当したCMJKによる「EBICHU's Championship Tera-Mix(Mixed by CMJK)」となることも決定。エビ中メジャー・デビュー以降の持ち曲81曲(Interlude含む、ユニット曲除く)をリリース順に全曲ミックスするという試みに、CMJKは「これまで最高50曲を繋げてリリースした実績がありますので、たいていのオーダーにはビックリしないと思ってたんですが、は、80曲って!“メガミックス”じゃなくて“テラミックス”って!そんな言葉生まれて初めて聞いたわ(絶望)」とコメントしているほか、「時間軸順にエビ中ちゃんを聴くと、スピードメタルからテクノポップから昭和歌謡からダブステップまで、その多様性と、相反する不思議な整合感に驚かされます。改めて大ファンになってしまいました」と語っており、すでに発表となっている吉田 豪によるメンバーへのインタビューも掲載したブックレット、そして詳細が明らかになっていない新曲とあわせ、“エビ中ファミリー”垂涎の内容となりそうです。

 現在開催中のワンマン・ツアーも、残すところ10月23日(日)の鹿児島・宝山ホール(鹿児島県文化センター)、11月3日(木・祝)の長野・まつもと市民芸術館の2公演。毎年恒例の“クリスマス大学芸会”として、12月22日(木)、23日(金・祝)には東京・国立代々木競技場 第一体育館での2デイズ公演も控えています。

最終更新:10/12(水) 17:12

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]