ここから本文です

【フィリピン】シェーキーズが年内上場、55億ペソ調達へ

NNA 10/12(水) 11:30配信

 米ピザチェーン「シェーキーズ」のフィリピンでのフランチャイズ権を持つシェーキーズ・ピザ・アジア・ベンチャーズ(SPAVI)が、年内にフィリピン証券取引所(PSE)に上場する。新規株式公開(IPO)で最大55億ペソ(約118億円)を調達し、事業拡大などに充てる方針だ。11日付スターなどが伝えた。
 SPAVIは10日、フィリピン証券取引委員会(SEC)に上場目論見書を提出した。これによると、IPOでは352万株を公開する。公開価格(仮条件)は15.58ペソ。応募が超過した場合は追加で4,600万株を発行するため、調達額は最大55億ペソに上る。
 上場は12月の予定。IPOの最終条件は11月に決定する。調達した資金は独自運営するコミッサリー(一次加工をするセントラルキッチン)の拡張や買収、運転資金、債務返済に充てるという。
 SPAVIは今年6月末時点で、国内に177店舗展開している。同社はレオ・プリエト氏一族の傘下にあったが、今年初めに食品大手センチュリー・パシフィック・グループ(CPGI)がシンガポール政府系投資公社GICと共同で過半数株式を取得した。

最終更新:10/12(水) 11:30

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。