ここから本文です

エディ・レッドメイン、“もふもふ”モグラ似の魔法動物の正体を暴露!?『ファンタビ』

cinemacafe.net 10/12(水) 16:00配信

「ハリー・ポッター」の新シリーズとして注目を集める『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。このほど、先日の予告解禁後から「もふもふしたい!」と早くも人気沸騰の魔法動物・ニフラーの正体について、主演のエディ・レッドメインが明かすコメントが到着した。

【画像】キュートで破壊的!?魔法動物・ニフラー

これまでの「ハリポタ」の世界観を正当に受け継いだ新シリーズとして、世界中で待ち望まれている本作。主人公となるのは、アカデミー賞俳優のエディが演じる、おっちょこちょいで人見知り、動物といるほうが気が楽な魔法動物(ビースト)学者の魔法使いニュート・スキャマンダーだ。

先日、そんなニュートが持ち歩く魔法のトランクから、魔法動物たちがニューヨークの街に逃げ出してしまったところから始まる最新予告が解禁されると、SNS上で人気を集めたのが、小さくてキュートな魔法動物・ニフラー。「もふもふしたい!」「ニフラーがモグラみたいでかわいい」「ニフラーは、お笑い担当(笑)」「ニフラー飼いたいww」などと話題となり、早くも人気沸騰中。

しかし、エディは、「二フラーは可愛いけれど、それに騙されちゃいけないんだ」と忠告する。エディが言うように、フワフワした黒い毛で覆われ、長くて丸みのある突き出た鼻の二フラーは、その可愛いビジュアルに似合わず、いたずら好き。特にキラキラしたものが大好きで、光るものを追いかけているときは、どこまでも破壊的。到着した最新画像も、まさに宝石を“盗み取ろう”としているシーンだ。

メガホンをとったデイビッド・イェーツ監督は、このニフラーをはじめとする魔法動物について、「ビーストは、並外れていて、マジカルなんだ」と解説する。実際に魔法動物は、魔法使いたちがかけた魔法によって人間には極力見えないようになっているが、その魔法が解けたときに、たまたま人間に見つかってしまうこともあるという。

例えば、世界を旅するニュートは、日本では河童を見つけたという。イギリスで有名な魔法動物といえばネス湖のネッシーだが、あまりに人間に見られすぎたため、魔法使いが証拠写真を全て“でっちあげ”と思い込ませ、“20世紀最大級のミステリー”に仕立て上げた…らしい。

実は密かに存在してきた、可愛くても、油断のならない魔法動物たち。果たして、人間(ノーマジ)の世界へ逃げ出してしまった魔法動物を、ニュートたちは捕まえることができるのだろうか?

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)より全国にて公開。

最終更新:10/12(水) 16:00

cinemacafe.net