ここから本文です

宮古ロックフェス効果4.4億 過去最多7400人来場

琉球新報 10/12(水) 10:03配信

 りゅうぎん総合研究所(池端透社長)は11日、今年6月18日に宮古島市で開かれた「宮古アイランドロックフェスティバル2016」の経済効果が、過去最高の4億3800万円に上ると試算した。11回目の今大会には過去最多の7400人が来場するなど、宮古島市では最大の集客イベントとなっている。


 経済効果を産業別に見ると、航空代金などの運輸業が8千万円と最も高かった。次いで宿泊業が7300万円、飲食店が4700万円、お土産品などの製造業が4400万円と続いた。

 観客数のうち、県外客が3200人、宮古島以外の県内客が約900人だった。加えて、フェスティバルの前後にあった前夜祭には約500人、後夜祭には約千人が参加した。

 りゅうぎん総研は課題として、開催時期が観光のオンシーズンと重なっているため、開催時期の検討や宿泊施設の確保、航空路線の拡充などを挙げた。

琉球新報社

最終更新:10/12(水) 10:03

琉球新報