ここから本文です

「グレイズ・アナトミー」サラ・ラミレスが両性愛をカミングアウト

映画.com 10/12(水) 12:00配信

 [映画.com ニュース] 米ABCの大ヒット医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」のカリー・トーレス医師役で知られる米女優サラ・ラミレスが、LGBT向けの会議に出席し、自身がバイセクシュアル(両性愛者)であることをカミングアウトした。

 10月7日と8日に米ロサンゼルスで開催された会議「40 to None Summit」は、アメリカでホームレス状態にある若者の40%がLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)であるという事実に目を向け、若者たちを支援することを目的に行われた。

 ラミレスはスピーチの中で、「ホームレスの若者たちの多くは、ジェンダーであれ、人種や階級であれ、性的指向であれ、宗教や国籍であれ、さまざまなレベルでそれぞれの人生が交差しているはずです。私の場合も、女性、有色の女性、バイセクシュアル、メキシコ人とアイルランド人の血を引くアメリカ人、移民、カトリック育ちという多くの接点があります」と述べた。

 ラミレスが「グレイズ・アナトミー」で演じていたカリー(シーズン12で降板)はバイセクシュアルの設定だったが、自身もそうであることを今回初めて公式に認めた格好だ。41歳のラミレスは、2012年にビジネスアナリストのライアン・デボルトさんと結婚している。

 会議の後には、ラミレスは自身のTwitterでもスピーチの一部を紹介することでカミングアウトし、さまざまな個性を持つ若者たちが恐れることなくその声を上げることができるよう、彼らが必要とする時に助けられる人間になりたい、そのためのプロジェクトに今後も積極的に関与する意向を表明した。

最終更新:10/12(水) 12:00

映画.com

なぜ今? 首相主導の働き方改革