ここから本文です

【英国】英国の観光客、7月は過去最多 国民投票後のポンド安追い風

NNA 10/12(水) 11:45配信

 ブレグジット決定後のポンド下落を追い風に、英国の観光業が勢いを増している。7月の国外からの観光客数は前年同月比2%増の380万人に達し、単月ベースで過去最高を記録。支出額も25億ポンドと4%拡大した。英国政府観光庁(ビジットブリテン)が11日、最新調査を発表した。
 ドルの対ポンド相場は、欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票後に過去30年超で最低水準に下落。外国人旅行客にとっては旅行費用が抑えられるほか、高級ブランド品が相対的に安く手に入ることから人気が高まっているようだ。
 7月の観光客のうち、最も割合の多い欧州連合(EU)域内からは230万人と3%増加し、やはり過去最高を記録。ユーロの対ポンド相場も過去7年近くで最低水準を推移している。
 イングランドにおける国内旅行者の支出額も過去最高に達しており、英国人が2015年に泊りがけの旅行で使用した金額は前年比8%増の196億ポンドだった。
 同庁のクリストファー・ロドリゲス長官は、「観光業は不確実な世界の輝く星だ」とコメント。サービス輸出で4番目の規模を誇り、最も伸びが大きな分野の1つであることから、英経済や雇用創出の面で観光業の重要性は明らかだと指摘した。

最終更新:10/12(水) 11:45

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]