ここから本文です

ここが踏ん張りどころ!藤田光里が来季シード権確約に向け新兵器投入か!?

ゴルフ情報ALBA.Net 10/12(水) 20:50配信

<富士通レディース 事前情報◇12日◇東急セブンハンドレッドクラブ・西コース(6,635ヤード・パー72)>

【関連写真】藤田がテストした『MILLED COLLECTION TX パター#9』

 国内女子ツアーは最終戦『LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ』を除けば、今週の試合を入れて残り6試合。来季のシード権獲得となる賞金ランキング50位のボーダーライン上の選手にとってはここからが正念場となる。

 10月14日(金)に開幕する『富士通レディース』の公式練習日となったこの日は、現在賞金ランキング46位につける藤田光里が久々にエースパターである“L字マレット”を手にしている姿を見つけた。

 藤田はここ数試合はピンタイプを使用していたが、残り試合も少なくなってきただけに、エースパターで勝負に出るのだろうと思われた。しかし、よく見るといつも使用しているタイプではない。この日藤田が練習ラウンドで使っていたのはオデッセイの『MILLED COLLECTION TX パター』。9月中旬からツアーテストされているモデルで、池田勇太の『HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF』での優勝パターとなるなど、多くのプロが続々と実戦投入し、石川遼もテスト時にはコロがりの良さを絶賛している。

 最大の特徴はインサートの素材。オデッセイの人気を不動のものとした“ホワイトホット”と同じタイプを使用。最近はボール自体が柔らかくなったこともあり、インサートの素材が硬くなる傾向があったが、多くのプロの意見をフィードバックした上で最新モデルに採用されることになった。

 藤田いわく「打感はかなり柔らかいですね。フェースにボールが乗る感触をしっかり感じることができます」。

 藤田が試していたのは#9(L字マレット)だが、『MILLED COLLECTION TX パター#9』はネック部分がややグースになっていてボールを包み込むようなイメージでストロークすることができる。

 本戦で使用するか未定というが、タッチを出しやすいフィーリングと安定したコロがりの良さに好感触を感じている様子。シード権獲得はもちろんだが、今シーズン中のツアー通算2勝目もまだまだ諦めていない。新しい武器を投入するのかどうかを含めて、終盤戦の戦いに注目したい。

(撮影:福田文平)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/12(水) 20:50

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]