ここから本文です

せきしろ新刊「たとえる技術」にピース又吉が“たとえ”交えて帯コメント

お笑いナタリー 10/12(水) 12:00配信

明後日10月14日に発売されるせきしろの著書「たとえる技術」(文響社)に、ピース又吉と西加奈子が帯コメントを寄せている。

「たとえる技術」はタイトルの通り、何かを例えるときのテクニックを紹介する書籍。「似た色を探す」「似た動きから作る」「よくある表現をアレンジする」といった実践的な技術、例えを利用したピンチの切り抜け方などが解説される。「『明るく楽しい職場』のように信じられない」「何も考えずに買ってきたつっぱり棒のように短い」「樽の中の黒ひげの男のような孤独」といった具体例も盛りだくさんだ。

せきしろとは長きにわたって親交があり、共著も執筆してきた又吉と西。それぞれが「この本は、急患が出た飛行機に偶然乗り合わせた名医、いや、すりおろしリンゴを食べさせてくれる母のようだ」(又吉)、「この本は、実家でしか出ない大好きなあの料理のようだ」(西)と例えを交えて本を紹介している。

最終更新:10/12(水) 12:00

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]